専門学生の高木賢太郎といいます。最近20歳になったばかりの若僧なので生意気だと思われるかもしれませんが、僕の出会い体験をお話したいと思います。もしもセフレが欲しい、セフレ探しをしたいと思っている人がいるなら、きっとお役に立てると思うので、良かったら最後まで聞いてくださいね。僕には今、もの凄く可愛いセフレがいます。どのくらい可愛いかっていうと、読者モデルに良そうな感じのタイプといえば分かってもらえるでしょうか。体型はスレンダーで背が高くて目がクリックり。芸能人に例えるのは難しいけど、モデルにいてもおかしくない位可愛い女の子です。自分でいうのもなんですが、僕にはもったいないくらい可愛い子なんです。僕はあまりイケメンではないし、どちらかというと地味なタイプ。そんな僕でも可愛いセフレが出来たんだから驚きですよね。

 

きっと多くの人が「そんなに可愛いならセフレじゃなくて彼女にすればいいのに」っていうと思います。正直僕自身もそう思う事が良くあります。だけど彼女にはしません。実は去年まで彼女がいました。付き合っている当時はそれなりに幸せだったんですけど、どうにも性格が合わなくて喧嘩もたくさんしました。そんな付き合いが続くにつれ、だんだん溝が生じ始めて別れてしまいました。何が嫌だったという訳じゃなかったんですけど、とにかく性格が合わなかったんですね。お互いにまだ若いからそれも仕方がない事です。今ではちゃんと納得しています。

 

まあそんなことで、特定の本命彼女をつくっても束縛し合ったり求めすぎたりして上手くいかないものだと思うようになりました。どれだけ可愛い事知り合えても、今は付き合いたいとは思いません。それに何を隠そう相手は既婚者。実は人妻なんです。でも相手の家庭を壊そうとは思いません。それに既婚者だから後腐れがないし、都合が良いんです。だってお互いに遊びなんだから。

 

セフレ探しは思いのほか大変でした。色んな失敗をしました。だけど今は可愛い女の子と好きな時にセックスが出来るので満足しています。意外とセフレ探しって簡単なんですよ。

 

 

自己紹介
名前(仮名):高木賢太郎
性別:男性
年齢:20歳
職業:自動車整備専門学生

 

自動車整備専門学校に通う2年生。去年まで彼女がいたが性格の不一致で別れた。それからは全く出会いがない。エッチはしたけど本命彼女は今のところ要らないのでセフレが欲しい。同級生の坂上太輔がものすごい遊び人でセフレ探しの達人だという噂を聞き、坂上から出会い系サイトを教わる。