ツイッターでセフレ探しをすれば絶対に上手くいくと思ってました。実際にどうやったらいいのかも事細かく書かれていたし。その通りに実践すれば絶対に1人や2人セフレを見つけることは可能だと思っていたんです。でも結果は惨敗。セフレどころか女の子と知り合いになることすら出来ませんでした。その理由は色々とあると思うんですけど、一番の理由はセフレ探しのためにツイッターを使っている女の子がいないという事です。考えてみれば当たり前のことなんですけど、ツイッターをセフレのために使っているのは僕のような特定の男だけ。そもそも女の子がそんなことをするはずがないんです。

 

だってツイッターってどんな人にフォローされたのか、どんな人をフォローしたのかが友達にバレテしまうから、堂々とセフレを探すことをするわけがないんです。事実僕は何人かの友達にバレテはずかしい思いをしました。男の僕でさえ恥ずかしいと思うんだから、女の子が同じような事をしている訳がありません。もしもそういう女の子がいたとしても、その子と巡り合う為にはめちゃくちゃ手間がかかります。ほんの一握りの子に巡り合うなんて奇跡みたいな話ですし、そもそもツイッターでセフレ探しをしている女の子が、まともな女の子だとは思えません。

 

これはたぶんツイッターだけじゃなくてフェイスブックとかGoogle+とかでも同じことだと思います。特にフェイスブックはアカウントをひとつしか取れないし、本名で登録するのが原則です。だとしたら余計にそんな公の場所でセフレ探しをしている女の子はいませんよね。普通に考えれば分かる話なんですけど、僕の頭の中にはセックスの事しかなかったので、実際にやっているまで全くその事に気が付きませんでした。エロ本い書かれていたあの体験談はきっと何かの間違い。裏がある話だったんだと思います。信じた僕がバカでした。でもまあ、何も被害がなかっただけよかったですけど。